FRIDAY(フライデー)

桐生祥秀が100mまさかの4位「何があった?」

世界陸上を確実視されていた男が失速 桐生祥秀が100mまさかの4位「何があった?」
すべての写真(全1枚)

左からケンブリッジ、桐生、多田、サニブラウン。ここに、リオ五輪銀メダリストの山縣亮太(25)を加えた5人が切磋琢磨し日本の短距離走を盛り上げている

「先のことを考えすぎていたところもあると思います。足を掬(すく)われた感じです」

 6月24日、陸上の日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目。大会の注目競技男子100m決勝で、本命視されていた桐生祥秀(よしひで)(21)が4位に終わった。レース後、冒頭のように話した桐生は、さらに「時間を戻せる道具があるなら買い取りたい」と悔しい気持ちを露にした。1位のサニブラウン アブデルハキーム(18)とは0.21秒差。8月にロンドンで開催される世界陸上の100mでの出場は絶望的だ。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.