FRIDAY(フライデー)

東京五輪 野球ソフト会場の隣に「放射能汚染ゴミの山」

仮置き場が足りず、1万6100袋が放置されたまま

仮置き場が足りず、1万6100袋が放置されたまま 東京五輪 野球ソフト会場の隣に「放射能汚染ゴミの山」
すべての写真(全1枚)

奥に見える野球場などを有し、東京ドーム21個分の広さを持つ福島県営あづま総合運動公園。近隣住民も利用する園内に大量の汚染ゴミが保管されている(写真中央)

 公園内に置かれた1万6100個を超える袋の山(写真手前中央)。福島第一原発事故で発生した放射能汚染ゴミだ。場所は2020年に開催される東京五輪の野球、ソフトボール会場「福島県営あづま球場」(福島市)のすぐそばである。

「住民の憩いの場に、大量の汚染ゴミが置きっぱなしになっているのは気味が悪いです。しかもこれからも増えるそうで、イヤでも目に入る」(近隣住民)

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.