FRIDAY(フライデー)

山口組「ヤクザと共謀罪」大マジメ勉強会

内部資料入手!

「組長が逮捕される」「警察に盗聴されるかも」…と戦々恐々

山口組「ヤクザと共謀罪」大マジメ勉強会
すべての写真(全3枚)

7月20日、歴代組長の墓がある神戸市灘区の霊園を訪問した六代目山口組の司忍組長(75)。神戸山口組との抗争以外にも悩みが多いようだ

〈法律の実績作りのためにヤクザが集中的に対象とされる可能性が高い〉

 本誌が入手した4ページにわたる内部資料には、極道界の危機感が色濃く出ていた。7月11日に施行された、共謀罪の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法。「テロ集団や暴力団が取り締まりの対象」とされることを受け、日本最大のヤクザ組織・山口組も対策を練(ね)っている。オリジナルの資料を作り、弁護士などの識者を呼んで勉強会を開いているのだ。資料では新聞記事をふんだんに引用し、次のように警鐘を鳴らしている(本文ママ)。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.