FRIDAY(フライデー)

五反田600坪の一等地に蠢いた地面師たちの「騙しの手口」

プロの犯罪者たちが積水ハウスから奪ったカネは63億円

五反田600坪の一等地に蠢いた地面師たちの「騙しの手口」
すべての写真(全3枚)

事件の舞台となった「海喜館」。奥に見えるのが目黒川で、右手に見えるのは桜田通り。桜田通りを進むと、すぐのところに五反田駅がある

「あなたたちはどちらの方ですか」

 警視庁大崎警察署に通報があったのは今年6月1日。パトカーから降りてきた警察官から、いきなりそう誰何(すいか)された積水ハウス工務部の担当者は、さぞかし仰天したに違いない。現場はJR五反田駅から徒歩3分、目黒川を渡ったところにある旅館「海喜館(かいきかん)」の玄関先だ。不動産代金を払い込んで売買契約が成立したはずの積水ハウスが、建物の取り壊し準備のため、旅館の周辺に赤いカラーコーンを配置し、測量を始めようとした。その矢先の出来事だ。パトカーが駆け付け、周囲が大騒ぎになったのである。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.