FRIDAY(フライデー)

東京五輪 新国立&選手村「2000億円の鉄骨ジャングル」

開催まであと3年

東京五輪 新国立&選手村「2000億円の鉄骨ジャングル」
すべての写真(全2枚)

五輪終了後には宿泊施設を改修。若者向けのシェアハウスなど、5650戸の入る分譲・賃貸マンションになる予定だ。改修には500億円以上が必要となるという

 東京ドーム3個分、13万3900㎡の広大な敷地に数十台の巨大クレーン車がひしめいている。中央区晴海に建設中の、2020年に開かれる東京五輪・パラリンピック選手村だ(写真1枚目)。今年1月に着工。工事が始まって8ヵ月ほどが経つ。建設コンサルタントの降旗達生(ふるはたたつお)氏が語る。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.