FRIDAY

宇多田ヒカルも救えなかった藤 圭子「ボロボロの晩年」

【カラー&モノクロ 総力取材「悲しき母娘」】

宇多田ヒカルも救えなかった藤 圭子「ボロボロの晩年」
すべての写真(全4枚)

マイクを口に当てる宇多田を、満面の笑みで見守る藤。'00年には宇多田のステージに飛び入り参加したことも

「最近は白髪を伸び放題にして、口ヒゲすら目立ち、見る影もありませんでした。老婆のようにガリガリだったし、誰が見てもあの藤 圭子とは気づかなかったはずです」(音楽プロデューサー)

 8月22日朝、西新宿のマンションから飛び降り自殺した藤 圭子(享年62)。同居男性と暮らしていた13階の部屋のベランダから身を投げた藤は、いつ一線を越えてもおかしくない「危険な精神状態」にあった。数年前、都内の裏カジノで藤を目撃した関係者は次のように語る。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.