FRIDAY

【森友学園運営】塚本幼稚園 園児集団退園で経営が大ピンチ

無料

’17年に民事再生法を適用し再建中 

園児を90人増やして債務を弁済するはずが、年中クラスは0人に

【森友学園運営】塚本幼稚園 園児集団退園で経営が大ピンチ
2018年、本誌取材に応じた際の籠池泰典・諄子(じゅんこ)夫妻。今年2月に有罪判決を受けたが控訴、二審に向け動いている
すべての写真(全4枚)

「籠池泰典(かごいけやすのり)理事長時代の教育はとてもよかったんです。確かにいき過ぎた愛国主義という一面はありましたが、園児には愛情を持って接してくれていました。しかし現在は、園の雰囲気はまったく違うものになってしまいました」(今年6月まで息子を幼稚園に通わせていた保護者)

’17年にあの「森友問題」で世間を騒がせた森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪府)で、園児の退園が相次いでいる。塚本幼稚園は1950年開園。最盛期には250名ほどいた園児は、現在ではわずか20名程度にまで激減しているという。

園内で何が起きているのか。前出の保護者が明かした「集団退園」の大きな要因は、幼稚園で行われているあまりにも厳しい指導だ。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • PHOTO加藤 慶 小川内孝之(籠池夫妻)

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.