FRIDAY(フライデー)

"ポッチャリ"押尾 学《被告》が歌舞伎町でキャバクラ豪遊

タニマチ風の男と現れ、キャバ嬢としっかりメルアド交換。「いつでも電話してこい」と

すべての写真(全4枚)

キャバクラから出てきた押尾被告。帽子こそかぶってはいたが、人目をはばかる様子はまったくなかった

 師走のとある土曜日深夜、新宿歌舞伎町のキャバクラから、6人の男たちが出てきた。その集団の中で、帽子を目深にかぶり、両手をポケットに突っ込んでいるのは、あの押尾 学被告(33)だ。'10年10月に保釈された当時と比べると、顔が丸くなり、お腹にもかなり肉がつきポッチャリしたように見える。見送りのキャバ嬢たちと談笑した後、押尾被告は先頭に立って表通りまで歩き、男たちに恭(うやうや)しく見送られ一人タクシーで走り去った。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.