FRIDAY

小室哲哉が初めて語った「KEIKOとの壮絶リハビリ」【前編】「手術室に消えた妻の意識が戻るまでの43時間」

昨年10月24日、妻・KEIKOが、くも膜下出血で倒れた。

一命は取り止めたが、その先に待っていたのは自分が歌手であることさえ覚えていないほどの記憶障害だった。

今、妻は夫の介護を受けて、記憶を取り戻そうとしている

小室哲哉が初めて語った「KEIKOとの壮絶リハビリ」【前編】「手術室に消えた妻の意識が戻るまでの43時間」
すべての写真(全3枚)

KEIKOが倒れてからの2ヵ月を静かな口調で語る小室哲哉。その目には時折、光るものが浮かんでいた

「あの日から僕の生活は一変しました。それまでの夜型生活は、規則正しい朝型に切り替わり、朝日とともに目覚めて、彼女の血圧を測り、一緒に朝食を食べて薬を飲ませる毎日が始まったんです」

 小室哲哉(53)は静かにそう語り始めた。「あの日」というのは、妻・KEIKO(39)が倒れた日のことだ。昨年10月24日、彼女が都内の自宅から救急搬送され、12月8日に退院するまでの46日間で、心労のためか、小室は4kg痩やせたという。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.