FRIDAY(フライデー)

戦犯ダルビッシュ それでも「4年総額100億円!」の理由

ワールドシリーズ大炎上で「LAの敵」に

戦犯ダルビッシュ それでも「4年総額100億円!」の理由
すべての写真(全1枚)

13勝した前田健太(左)は、出来高を合わせて約9億円とダルビッシュの来季年俸の半分以下。契約は大事だ

 29年ぶりワールドシリーズ制覇の夢を途中加入のジャパニーズがブチ壊したのだから、ドジャースファンが怒るのも無理はない。

 地元紙のLAタイムズまでもが「惨め」「許しがたい」「これがドジャースで最後の登板」と個人攻撃するほど、ダルビッシュ有(31)は「LAの敵」となってしまった。

 ダルビッシュはこのオフにFAとなるが、今季の成績は10勝12敗と負けが先行。最高球速は159㎞までアップしたものの、防御率3.86はここ3年で最悪。そのうえ、ワールドシリーズで2試合連続で2回持たずにKOと、いよいよ評価を下げてしまった――かと思いきや、さにあらず。メジャー取材歴30年を超えるスポーツライターの友成那智氏は「FA市場では変わらず最高評価です」と言うのだ。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.