FRIDAY(フライデー)

不定期連載【私の失敗】第4回 川原ひろし(『なんでんかんでん』社長)

失敗は誰にでもある。

そこからいかにして這い上がったのか――。

不定期連載【私の失敗】第3回 第4回 川原ひろし(『なんでんかんでん』社長)
すべての写真(全2枚)

Profile

かわはらひろし

1964年福岡市出身。大叔父は明太子の老舗『ふくや』の創業者。幼少時代から楽器や声楽を習い、歌手を目指し上京。漫才師のWけんじの弟子となり司会業を開始。1987年、『なんでんかんでん』をオープン。現在は講演などで多忙な日々を送る

「路上駐車取り締まりで売り上げが急落」

「最盛期が異常でした。たった10坪の店が、一晩で120万円を売り上げ、年間3億円、それが10年続いたなんてね」

 そう話すのは、博多ラーメン店『なんでんかんでん』の社長・川原ひろし(53)。

 歌手を目指して福岡から上京し、司会業をしていた川原は、東京に豚骨ラーメン店が存在しないことに気づき、素人ながら独学で研究、1987年、『なんでんかんでん』を、世田谷区羽根木の環状七号線沿いにオープンさせた。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.