FRIDAY(フライデー)

巨人軍 知られざる黒歴史

ああ、まさかの13連敗で早くもV絶望!

江川入団をめぐるトラブル、桑田の登板日漏洩事件、長嶋&原の突然の辞任ほか、新聞テレビでは絶対に報じられない"球界の盟主"の黒い履歴書!

読売ジャイアンツの創立者で初代オーナーの正力松太郎は、選手をこう訓戒していた。「常に紳士たれ!」。だが巨人軍の内情はドロドロ。監督交代では現場とフロントの意見が衝突し、選手は暴行事件や飲酒運転騒動を繰り返す。関係者が闇に葬り去ろうとした名門球団の暗黒の歴史だ。

南海入団に監督降ろし! ミスターの明と暗

巨人軍 知られざる黒歴史
すべての写真(全8枚)

’80年10月、長嶋は読売新聞本社で会見を開き監督辞任の理由をこう語った。「成績不振。男としてのケジメをつけ責任を取りたいということです」

 巨人の前身『大日本東京野球倶楽部』が、1934年に誕生してから80年余り。読売ジャイアンツの栄光の歴史には、深い闇もある。ミスタージャイアンツ、長嶋茂雄(81)にしても例外ではない。ヤクルトの元スカウト(取締役編成部長)で立教大学時代、長嶋の1年後輩だった片岡宏雄氏が語る。

+5
すべての写真(全8枚)

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.