FRIDAY

580億円分流出 コインチェック 27歳社長の「天才履歴書」

ホントに26万人に返金するのか?

580億円分流出 コインチェック 27歳社長の「天才履歴書」
すべての写真(全3枚)

1月26日、流出を発表した会見で謝罪する和田社長。隣のメガネを掛けた男性が、COOの大塚雄介氏

「和田(晃一良(こういちろう)、27)さんはいかにもエンジニアというタイプで、若い経営者にありがちなチャラい感じではありません。異業種交流会などには出ていましたが、飲み会にはほぼ行かない。『コインチェック』が事業を拡大しても、彼は生活を変えず、恵比寿の1Kのマンションに最近まで住み続けていました」(知人)

 1月26日、仮想通貨取引所『コインチェック』は、ハッキングによって約580億円相当の仮想通貨『NEM(ネム)』が流出したと発表した。’14年に『マウントゴックス』から、当時のレートで約470億円分の『ビットコイン』が消えた事件を上回る、過去最悪の仮想通貨消失事件だ。仮想通貨に詳しい、京都大学公共政策大学院教授の岩下直行氏が話す。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.