FRIDAY

1月ドラマ14本「好調・不調の舞台ウラ」全部バラす

キムタクの雪辱、橋本環奈・広瀬すず・吉岡里帆ら若手女優たちの視聴率争い…

1月ドラマ14本「好調・不調の舞台ウラ」全部バラす
すべての写真(全8枚)

 出世作の『あすなろ白書』(’93年)以降、木村拓哉(45)のドラマといえばフジテレビかTBS。テレビ朝日系の連ドラ出演はわずかに1作だっただけに、"移籍"がどう転ぶか注目を集めたが、『BG〜身辺警護人〜』(テレ朝系)は初回から2話連続で視聴率15%超えと好調な滑り出しを見せた。

「『SMAP』解散騒動で"裏切り者"のレッテルを貼られたキムタクはイメージチェンジを図る必要があった。『LINE』のCMに出たのも、『帰れま10』で回転寿司を食べたのも、好感度を上げ、かつ、『キムタクでは数字が取れない』という評判を覆(くつがえ)すため」(キー局ディレクター)

 テレ朝にとっても「ジャニーズの大物に恥をかかせるわけにはいかず、絶対に負けられない戦いだった」と言うのは、大手広告代理店テレビ局担当だ。

+5
すべての写真(全8枚)
+3

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.