FRIDAY

滝沢秀明 情熱の3時間半「美女とホテル密会」

ツアーの合間、ジャニーズの”王子”は都心で美女をピックアップすると、
真夜中の高速をぶっ飛ばして、町田へ向かった

ねぇ、君は本気で僕を愛してくれているのかい?
アテレコするなら、そんなアンニュイなセリフだろうか。
来年で三十路突入だというのに、美貌は少しも衰えず、
変わらずプリンスであり続けているタッキー。
だがこの時、考えていたのはおそらく真逆の ――。

滝沢秀明 情熱の3時間半「美女とホテル密会」
すべての写真(全6枚)

スマホで何やら検索する助手席の美女を見つめる滝沢秀明。この直後、楽しい二人のランデヴーがスタート

 待ち人来たらず――か。

 超がつくほどのイケメンが黒いゲレンデヴァーゲンをアイドリングさせて、かれこれ30分以上が経つ。

 「王子」と表現するのが妥当であろう、その金髪の美少年はしかし、イラつく様子は微塵(みじん)も見せない。ステアリングに右手を添えて一点を見つめ、頻繁に携帯をチェックするようなマネもしない。

 時折、車外で紫煙を燻(くゆ)らせるのだが、黒いハットを被(かぶ)り、くわえタバコで流し目をする姿が厭味なほどキマっている。

 ツッコミどころがあるとすれば、ここが商店街の一角だということだろう。

 時刻は深夜0時前。すでにほとんどの店がシャッターを下ろしているとはいえ、商店街に王子はあまりにミスマッチ。

 

 すぐにちょっとした騒ぎになった。

+3
すべての写真(全6枚)
+1

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.