FRIDAY

ヘンリー王子&メーガン妃が何をやっても叩かれる理由

無料

王室離脱は「メグジット」と揶揄、自宅改修費用を完済してもバッシング、

今度はネットフィリックスと契約して大批判

ヘンリー王子&メーガン妃が何をやっても叩かれる理由
すべての写真(全1枚)

ビバリーヒルズで買い物する二人。今年7月、サンタバーバラに約16億円の豪邸を購入したと報じられている

 イギリス王室を今年3月に離脱した、ヘンリー王子とメーガン妃。王室離脱宣言はMeghan(メーガン)とExit(退場)を掛け合わせた「メグジット」という造語で批判されたが、結局結婚からわずか2年で二人は妻の故郷であるアメリカ・ロサンゼルスへ移住。最近ではイギリスの自宅改修にかけた公金約3億円をようやく返済したことが報じられた。

 この「お騒がせ夫婦」に、いま新たな批判が集まっている。動画配信サービスを運営するネットフリックスと、約105億円でプロデューサー契約を結んだのだ。「自然に関するドキュメンタリーやアニメを新たに制作する」としているが、英国民からは怒りの声が上がっている。テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏はその理由をこう解説する。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.