FRIDAY(フライデー)

智弁和歌山 高嶋仁は史上最強の監督になった

甲子園最多の68勝をあげて、70歳を超えてもまったく衰えない

智弁和歌山 高嶋仁は史上最強の監督になった
すべての写真(全2枚)

練習前に選手を集め自身の高校時代の経験などを語ることも。左後方に立つのは、教え子で楽天などで活躍した中谷仁コーチ

「高嶋監督は智弁和歌山のピッチングマシーンを、最速160kmに設定させています。そんな超高速ボールと140km超のスライダーを、選手は長い日だと約2時間打ち続ける。他のチームがマネしても、2週間で音を上げてしまうそうです。しかし高嶋監督は打てるようになるまで、半年かかろうと1年かかろうとやらせる。だから選手が、試合で相手投手を見て『遅い』と感じることはあっても、『速い』と気後れすることはないんです」

 智弁和歌山の高嶋仁監督(71)を何度か取材した、ノンフィクションライターの中村計氏が語る。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.