FRIDAY(フライデー)

本誌がドローンを飛ばしたら「卑弥呼の墓」を見つけたよ

歴史的論争に決着をつけるか

本誌がドローンを飛ばしたら「卑弥呼の墓」を見つけたよ
すべての写真(全2枚)

福岡県田川郡にある前方後円墳らしき丘。全長は450mほど。九州には古代の巨大な墓が見つかっておらず、古墳とすれば九州説の有力な根拠になる

「いや〜、驚きましたよ。グーグルアース(ネット上の衛星写真閲覧機能)で地元の地形を調べていると偶然、前方後円墳のような巨大な丘を発見したんです。これは明らかに人工物で、墓に違いないと思いました。しかも計測してみると、後円部の直径は150mもある。これだけ巨大な墓を作れる古代の権力者は、そうそういません。土地の所有者に話を聞くと、もともとは森だった場所ですが、昔から山神様が住む神聖な土地として崇められていた。祭祀用と思われる土器も、たくさん出土しているそうです」

 こう語るのは、福岡県田川郡に住み地元の歴史研究会に所属する男性だ。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.