FRIDAY

世界に1580種類「膨張する仮想通貨」最後に残るのはどれだ?

無料

時価総額48兆円

ビットコインを筆頭に世界に1580種類 最後に残る仮想通貨はどれだ?
すべての写真(全4枚)

東京・渋谷にある仮想通貨バー「nem bar」店内には、様々な通貨のレートがリアルタイムで映し出されている

「たしかに、コインチェック社の流出事件など、ここ数ヵ月は多くのトラブルがありました。それでも、仮想通貨の価値が右肩上がりになっていくのは間違いない。重要なのは、数多くの通貨が誕生し続けているなかで、抜きんでる『特定の通貨』を見極めなければならない、ということです」(ITライターの三上洋氏)

 仮想通貨の市場規模は、’18年5月上旬現在で、およそ48兆円にもなる。昨年末にかけて起きていた各主要通貨の「バブル」は落ち着きを見せているものの、依然として投資家たちの熱心な眼差しは向けられたままだ。

 だが、冒頭の三上氏が指摘するように、1580種類にも増殖した仮想通貨のすべてが「生き残る」わけではない。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.