FRIDAY

日大アメフト事件 内田正人前監督の「成り上がり黒歴史」

なぜ正直に話さないのか

本当はどういう指導をしていたのか

どうやって「成り上がった」のか

日大アメフト事件 内田正人前監督の「黒歴史」
すべての写真(全2枚)

元々は「寡黙で真面目な人」(大学アメフト関係者)という内田氏。権力を得ていくなかで、変容したのか

「内田(正人)氏は日大の現役アメフト部員時代、"日大史上、一番ヘタクソなセンター(オフェンスライン中央のポジションのこと)"と呼ばれていたそうです。基本、大学アメフトで、QB(クォーターバック)以外のポジションで、4年生が1年生に負けるなんていうことはまずないんです。にもかかわらず、彼が4年生の時、練習中に1年生の選手に"アオテン"させられていました。アオテンとは、選手どうしがぶつかった際に、一方の選手が仰向けに倒されてしまうこと。アメフトで最も恥ずかしいことなんです。それどころか、あまりに舐められていたからか、4年生のときには、1年生からボコボコに殴られたこともあったそうです。内田氏にとって学生時代は『黒歴史』なんです」(大学アメフト関係者)

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.