FRIDAY

桑子真帆、水ト麻美、三田友梨佳ほか本当の実力がわかる「女子アナドラフト会議」

フリーになるのは誰?ギャラはいくら?

大手広告代理店で行われた極秘ビジネスミーティング

桑子真帆、水ト麻美、三田友梨佳ほか本当の実力がわかる「女子アナドラフト会議」
すべての写真(全11枚)

昨年の『紅白歌合戦』では総合司会に大抜擢されるなど、NHK局内でもトップ評価を受けている桑子アナ

「あの、ゆったりした雰囲気は民放アナにはない魅力」(キー局プロデューサー)

「それでいてニュース番組もスポーツ番組もこなせる巧さがある」(同編成担当)

「『ブラタモリ』での共演でタモリさんから絶大な信頼を得ているのも大きい。彼女がアシスタントなら、タモリさんを引っ張れる。キャスティング面でのメリットもある」(バラエティ番組ディレクター)

「ウチの歌番組でまたタモリさんと組んだら面白い。彼女の名前を出せば、たいていの企画は通るよね」(民放制作局プロデューサー)

 第1回選択希望選手、桑子真帆。31歳、NHK東京――。

「女子アナブーム再来と言っていいほど、クライアントから問い合わせがあります。不況の影響で、高額なタレントよりタダで使える局アナが番組MCに起用されるケースが増え、魅力が見直されたのでしょう。ウチはこれまで『視聴者人気ランキング』などのデータを提供してきましたが、このたび、主要クライアントから『業界が最も評価しているアナウンサーを知りたい』というオファーがありました」(大手広告代理店テレビ局担当A氏)

+8
すべての写真(全11枚)
+6

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.