FRIDAY

薄毛を治す植毛技術で世界一の日本人執刀医 生え際だって見せられる神の技術

【密着撮】カツラやクスリもいいけれど手術でフサフサになる方法もあった

薄毛を治す植毛技術で世界一の日本人執刀医 生え際だって見せられる神の技術
すべての写真(全12枚)

植毛手術は、後頭部の毛根を採取するところから始まる。長井医師は頭皮の状態などで3種類の器具を使い分ける

「ここはどうですか」「痛くないですか」局所麻酔をした患者に頻繁に声を掛け、執刀医は短くカットされた後頭部の毛髪を拡大鏡で確認しながら、直径1㎜に満たないペン型の器具でその毛根を1本ずつ慎重にくり抜いていく。実は採取する毛根の髪だけが予め短く切ってあり、それ以外の髪は剃毛せずに残し、ゴムで結んであるのだ(1枚目写真)。

+9
すべての写真(全12枚)
+7

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.