FRIDAY

獄中の元麻薬密売人が本誌に独占告白「私は『麻取』のスパイでした」

無料

覚醒剤の取引に手を染めたことは、心から反省しているし、後悔しかありません。ただ、それでも“麻取”のやり方は許せない。私のような人間を利用し、最後は切り捨てる。麻取の捜査方法は売人を使わなければ成り立たない。スパイありきなんです。内情を知るからこそ、麻取は解体したほうがいいと世に訴えたい。

2016年12月、麻薬取締官(通称・麻取)が、覚醒剤の売人の逃走を助けるという前代未聞の事件が明らかになった。厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部・奥村憲博取締官(46・当時)は、自身の実績のために売人をS(情報提供者・Sはスパイの頭文字)として囲い、警察の捜査情報を流していたのだ。

本誌は今回、奥村に利用された元売人・清水則史被告(51)に独占取材。東京拘置所に収監中の清水との数度の接見、そして50枚以上に及ぶ手紙のやり取りから見えてきたのは、行き過ぎた麻取捜査の実態だった――。

獄中の元麻薬密売人が本誌に独占告白「私は『麻取』のスパイでした」
すべての写真(全4枚)

「信じていたのに、裏切られた気持ちでいっぱいです。本当に許せません」手紙には麻取と奥村への恨みが綴られている

奥村は2015年に台湾の売人仲間から紹介されました。台湾の大物売人だったその人とは、親子の盃を交わしていたので「協力してやれ」と言われて断れなかった。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.