FRIDAY

「ドン・ファン記念館」が計画される理由 「野崎幸助さん怪死事件」続報

新妻Sさんやベテラン従業員らによる驚きプラン 家政婦・Kさんも参加予定!

「ドン・ファン記念館」が計画される理由 「野崎幸助さん怪死事件」続報
すべての写真(全3枚)

自宅リビングに設置された祭壇。現在は野崎氏と愛犬の遺骨が並ぶ。自宅だけでなく、所有していた不動産の行方にも注目が集まっている

「ここよ、ここ! わぁ、スゴイ色の塀やねぇ」

「ホンマや〜。ピンクやねぇ。しかし、犯人誰なんやろなぁ」

「私にはわかってるでぇ。アハハハ!」

 和歌山県田辺市にある「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助氏(享年77)の自宅前。この日、和歌山は記録的な猛暑に見舞われたにもかかわらず、門前には大阪から来た観光客のご婦人たちが詰めかけ、ワイワイと賑やかに記念撮影を繰り広げていた――。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.