FRIDAY

「リンゴマン」西武・外崎修汰に聞いた、好調の秘訣

無料

“指3本”で劇的変化 スペシャルインタビューで明かした好調のヒミツ

外崎修汰 青森出身の”リンゴマン”が西武を10年ぶりの優勝に導く
すべての写真(全5枚)

とのさき・しゅうた ’92年、青森県生まれ。弘前実業では1年生春からレギュラーも甲子園出場はなし。富士大学からドラフト3位で西武へ入団。昨年までプロ通算3年で打率.239、13本塁打、57打点。右投げ右打ち。178cm、78kg

「リンゴマン! 今日も『アップルパンチ』を見せて~!!」

 グラウンドに姿を現した、西武の外崎修汰(とのさきしゅうた)(25)に声援が飛ぶ。外崎は3代100年以上続く青森のリンゴ農家出身。今季は勝負所で適時打を連発するため、外崎のヒットはファンから親しみを込めて「アップルパンチ」と呼ばれているのだ。

「嬉しいですね。期待されているのが、ビシビシ伝わってきます。今季は交流戦で調子を崩したんです。自分なりに理由を考えたら、始動のタイミングがバラバラだったことに気づいた。それで相手投手を一人ひとり分析して、どこで始動すれば良いか決めました。それからです。好調を維持できるようになったのは」

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.