FRIDAY

8年ぶりに帝京を撃破 創部100周年「早稲田のサイトウ」が躍動する

無料
8年ぶりに帝京を撃破 創部100周年「早稲田のサイトウ」が躍動する
すべての写真(全1枚)

創部100周年の今年、早稲田浮上の鍵を握る齋藤選手。慶應義塾戦では、八面六臂の活躍を見せた 

 全国高校野球が終わったばかりのこの季節。「ワセダのサイトウ」と聞けば、「ハンカチ王子」を思い出す方が多かろう。早稲田実業高校、早稲田大学(早大)を経て日本ハム在籍の斎藤佑樹は、2006年夏の甲子園球場で大フィーバーを巻き起こしている。

 もっとも最近のラグビー関係者の多くは、今年創部100周年を迎える早大ラグビー部の現役選手を思い浮かべる。

 齋藤直人。切れ長の目に当世風の短髪、身長165センチ、体重75キロの引き締まった体躯で、臙脂と黒のジャージィをまとう。

 ポジションは接点周辺でボールをさばくスクラムハーフ。豊富なスタミナとパスやキックの距離と精度、球を拾い上げてから次のプレーに移るまでのスピード、さらに防御力と、この位置で求められるたいていの資質を高く評価されている。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.