FRIDAY

大谷翔平「二刀流に黄信号」 野球人生最大の決断が迫る

無料

復活登板では打球を素手で捕ろうとするアクシデント

大谷翔平 選手生命の崖っぷち「右ヒジに痛みがでたら、即手術」
すべての写真(全1枚)

3日の復帰登板。2回裏、6番ゴンザレスのピッチャー返しに思わず右手が。打球は薬指のつけ根に当たり打撲

「大谷選手は、いま大きな岐路に立たされています。ただ、手術を受けるも受けないも、大事なのは、自分で納得して決めることです。球団は早めに手術をすることを勧めるでしょう。ただ、手術をしたからといってすべてが解決するわけではない。投げ方自体に問題がある可能性もある。そうなると復帰後また同じことを繰り返すことになる。これを機に今後の野球人生、5年後10年後のビジョンを考え、自分で答えを出すことが一番大事なのです」(元メジャーリーガーの長谷川滋利氏)

 大谷翔平(24)は、右肘の内側側副靭帯の損傷で、6月9日にDL(故障者リスト)に入った。靭帯を修復するPRP注射での治療を行い、7月4日には打者として復帰し、9月3日に投手として復帰登板に挑んだ。しかし、5日、新たに右肘に損傷が見つかり、トミー・ジョン手術を受ける可能性が高まっている。

 しかし、トミー・ジョン手術を受けるとなると、復帰までには1年以上かかる。投手としては2020年のシーズンまで出場するのは不可能となり、打者としても来シーズンの途中までは出ることができない。これまでの野球人生で最大の決断を強いられることになりそうだ。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.