FRIDAY

独占入手『カメラを止めるな!』の原作?「舞台版映像」を観た!

無料

 監督と俳優を養成する学校の自主製作企画として、300万円の予算でつくられた映画『カメラを止めるな!』。わずか2館の上映ではじまったその映画の面白さが広まり、観客動員は140万人(9月12日)、興行収入は21億円(9月18日時点)をそれぞれ突破。上田慎一郎監督の映画『カメラを止めるな!』は、「誕生と成功の物語」も劇的です。

 

 ところが、このサクセスストーリーには「異説」もある。それは、この映画が劇団「PEACE」(現在は解散)による舞台『GHOST IN THE BOX!』を「原作」としてつくられた物語であるというもの。

「舞台を観て発想を得た」という経緯は、6月23日の公開時から発売されているパンフレットにも記載されており、インタビューなどでは上田監督自身が作品名についても語っておられ、8月の公開拡大時からはエンドロールでもこの劇が「原案」としてクレジットされました。

 しかし、劇団の主宰者だった和田亮一氏の主張はあくまで「原案ではない。原作だ」であり、一部報道は、劇と映画の共通点なども挙げ「パクリだ」とまで表現しています。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.