FRIDAY

全米オープンの覇者・大坂なおみが、日本を棄てて米国籍を選ぶ可能性

日本生まれ、アメリカ育ちの大坂は二重国籍保持者

国籍選択の期限が来年に迫っている

全米オープンの覇者・大坂なおみが、日本を棄てて米国籍を選ぶ可能性
すべての写真(全3枚)

決勝翌日。滞在していた宿舎から出てきたところでファンに頼まれ、子供を抱いて記念撮影に応じる大坂

「9月8日の全米オープンテニス決勝は異様な雰囲気でした。S(セリーナ)・ウィリアムズが判定に抗議しつつ敗色濃厚になった時からブーイングが鳴り止まない。それでも壁に向かってじっと集中していた大坂なおみ(20)の姿は本当に感動的でした。大坂選手は日本人としてプレーしていますが、実は米国籍との二重国籍保持者で日本の法律では22歳までにどちらかを選択しなければならない。このブーイング事件が大坂の"選択"にどう影響するか、注目が集まっています」(全国紙記者)

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.