FRIDAY

初の医学生主将 慶応義塾・古田京が熱く語った「日本一と将来」

無料
初の医学生主将、慶応義塾・古田京が初めて語った「日本一と将来」
すべての写真(全3枚)

ラグビーを始めたのは5歳のとき。慶応高校時代には花園で3回戦まで進んでいる

 初めに、断っておいたほうが良さそうだ。

「ラグビーをやっているのに医学部のことを言われるのはあまり好きではないのですが……」

 古田京(ふるた きょう)は、慶応義塾大学(慶大)ラグビー部の4年生。119年の歴史を持つ古豪で初めてとなる、医学部在籍のキャプテンだ。

 メディアでは特別な背景が注目されがちだが、当の本人はこの枠組みに一定の距離を置く。もっとも身長177センチ、体重84キロの凛々しい21歳は、絶妙なバランス感覚の持ち主でもある。本意ではない扱われ方からも、すでに前向きな要素を見つけているようだ。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.