FRIDAY

日本人も行ける!? 意外な人気観光スポット北朝鮮の日常

無料

 旅行先に北朝鮮を考えたことがある方は、どれくらいいるだろうか。何かと問題が多いかの国での観光といえば、少し現実味が乏しいかもしれない。だが、意外と簡単に誰でも行けるとなるとどうだろうか?

 国内で数少ない北朝鮮旅行を取り扱う株式会社ジェイエス・エンタープライズの朴成春専務によれば、簡単な手続きで北朝鮮へ行けるのだという。

「実質15日もあれば、準備は整います。必要なものはパスポートのコピーと、カラーの写真のみ。マスコミ関係者と警察、自衛官は不可ですが、それ以外であれば誰でも行くことが可能です。実際、私達の旅行社からも多くの方が北朝鮮へ観光しており、お問合せも年々増えています。ただ、世界的にみれば日本人観光客は少なく、欧米諸国では既に北朝鮮観光は一定の人気を博しています。地理的に中国からの観光客も多く、彼らは『昔の中国を見ているようだ』と言い、懐かしがっていますね」

 朴氏によれば、日本からの北朝鮮への主な入国ルートは3パターン。北京経由の飛行機、瀋陽経由の飛行機、丹東からの列車経由の選択肢があるという。費用は人数により上下するが、3泊4日で一人およそ26万~30万円程度で事足りる。

「意外、と言われるのですが、北朝鮮旅行の際にお客様の要望があれば、ほとんどの場所に行くことができます。例えば冬の時期であればスキーやスノーボード、夏は海水浴やマリンスポーツ、射撃体験など、今密かに人気があるのは温泉だったりします。それに、農場体験や稲刈り体験なども需要があったりします。個人的におすすめしているは、ビアホール~カラオケのコースです。米米CLUBやTUBE、松田聖子などの懐メロの楽曲が人気があり、ホテル内のBARには日本のクラブのような雰囲気で、現地の女性が歌を歌ってくれるお店も存在します。つまり、予想されているよりも縛りはなく、一部を除けばほぼ自由旅行に近い状態で観光することも可能です」

+12
すべての写真(全15枚)
+10
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.