FRIDAY

乙武洋匡『五体不満足』から20年 騒動後初著作は「ホスト小説」

無料
乙武洋匡『五体不満足』から20年 騒動後初著作は「ホスト小説」
すべての写真(全5枚)

 イケメンホストの皆さんに囲まれる乙武氏。小説『車輪の上』の主人公はホスト、ということで歌舞伎町のホストクラブで特写を敢行した

累計600万部のベストセラー、『五体不満足』から20年。乙武洋匡氏が3年の沈黙をへて執筆活動再開の場として選んだのは「小説」という表現だった。新著『車輪の上』の主人公は、車いすのホスト。それぞれに自らの矜持をかけて働くホストたちの造形も魅力的だ。小説家として乙武氏が描いた「障害者であること」とは。そして自らの不倫騒動で失い、得たものは何だったのか。FRIDAYデジタルに激白した。

『車輪の上』の主人公は車いすのホストです。僕が20代後半に知り合った親友のホストクラブのオーナーがいて、ホストクラブは縁遠い存在ではなかった。働いているホストの中には、本当に壮絶と思える生い立ちの子もいました。彼らはそういうものを全部引き受けて生きている。みんな年下でしたが、そこはかとなくリスペクト、しなやかな強さを感じていましたね。だから、ホストクラブを舞台にしようと思ったのは自然で、僕自身も主人公の車いすホストに思いを乗せやすかったです。

なぜ今、小説だったのか。およそ3年前(2016年3月)、私事をめぐって大きな騒動と報道がありました。私は30代になってから、「どんな境遇に生まれても、それぞれ同じだけのチャンスや選択肢が与えられる社会にしていきたい」という思いが年々強くなっていきました。メディアを通じてそういう社会を実現できたらと考えていましたが、限界を感じていた。そのときに「政治」という手段が現実味のあるものとして検討できるようになってきた。でも、あの騒動でその道が断たれました。その時期だったから出た報道であることも今では理解しています。自分が何をすればいいか見えなくなり、放心状態になりました。

その年の11月に「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演しました。司会のダウンタウン松本人志さんから「乙武さんは社会に必要な人」と言葉をかけてもらったことが本当にありがたくて、スイッチがオフになっていた自分にとって、もう1回動き出そうか、という気持ちにさせる言葉になったことは間違いありません。「それでも乙武さんに期待しています」と言ってくださる方もいて、ありがたいなと感じていました。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.