FRIDAY

高校生が豊作 根尾・吉田以外にもまだいる!「ドラフトの目玉」

無料
高校生が豊作 根尾・吉田以外にもまだいる!「ドラフトの目玉」
すべての写真(全2枚)

大阪桐蔭の根尾は、二刀流で甲子園を盛り上げた。今年のドラフトで指名される同世代の中心選手

今年のドラフトでは、夏の甲子園で好投した吉田輝星投手(金足農)の進路に注目が集まっている。吉田は夏の甲子園で準優勝、その速球で日本中を沸かせた。実は進学予定の大学が決まっていたため、それを覆してプロに進むのかどうかが注目されていた。吉田は、先日プロ志望届けを提出すると同時に会見を行い、プロ野球への挑戦を表明した。そして、いよいよ運命の日、ドラフト本番が迫っている。

高校生の上位候補には吉田の他に大阪桐蔭の根尾昴、藤原恭大、柿木蓮、報徳学園の小園海斗、浦和学院の渡邉勇太朗、花咲徳栄の野村佑希などが挙げられている。

ただ今年は、例年に増して高校生に有能な選手が多い。今回は上位指名の選手よりは現時点での評価は劣るが、プロ入り後の努力次第で大化けする可能性を秘めている選手を見つけていきたい。3、4位指名辺りの有望株だ。高卒の選手は、即戦力というよりは数年後に主軸に育てば、という青田買いの側面もある。これまでも下位指名ながら大きく花開いた選手は多い。

ちなみに、今年の高校生は早生まれを除くと2000年生まれの選手たち。つまり、「ミレニアム世代」で、その中の代表選手となるであろう根尾を冠して、『根尾ミレニアム世代』と呼びたい。

すべての写真(全2枚)
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.