FRIDAY(フライデー)

首都圏で唯一建設中八ッ場ダム工事で、ついに村が水底に沈む

【ドローン撮】フライデー・スペシャルノンフィクション

首都圏で唯一建設中八ッ場ダム工事で、ついに村が水底に沈む
すべての写真(全10枚)

建設中のダム上空から吾妻川の上流側をドローンで撮影。白線内が完成後、水に沈む地域だ。右が川原畑地区、左が川原湯地区。中央を横切っているのが八ッ場大橋で、不動大橋が奥のほうに見える

首都圏唯一の建設中ダム

「八ッ場(やんば)ダムの計画が立ち上がったのは昭和27(1952)年。ここまで66年間もかかっていますが、現在は24時間体制で順調に工事が進んでいます。堤高116mのダム本体は8〜9割が打設済みとなりました。完成は’20年3月を予定していますが、その前に試験湛水もあります。ダム完成時に水没する地域を見ることができるのは、あと少しということになります」(国土交通省関東地方整備局・八ッ場ダム工事事務所の遠藤武志副所長)

+7
すべての写真(全10枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.