FRIDAY

『万引き家族』『カメラを止めるな!』でヒットの法則が変わった!

無料

正月映画は『来る』の一点買い!?〔映画ジャーナリスト・大高宏雄に聞く「2018年日本映画界総決算」〕

2018年、あなたは映画を何本ご覧になったでしょうか? その中に心を揺さぶった作品はありましたか?

日本映画界「2018年の総評」と「2019年の展望」をテーマに、「FRIDAYデジタル」は、映画ジャーナリストの大高宏雄氏にインタビューを行った。大高氏は、「キネマ旬報」「毎日新聞」「日刊ゲンダイ」「ぴあ」などで映画に関する連載を執筆し、1992年から「日本映画プロフェッショナル大賞」を主宰している。そして、映画は試写室ではなく劇場で観客と一緒に鑑賞すること、をモットーとする。いわく「試写室では起こらないことが劇場では起き、試写室ではわからないことが劇場ではわかる」からだという。

『万引き家族』『カメラを止めるな!』でヒットの法則が変わった!
すべての写真(全3枚)

 「万引き家族」 監督・脚本:是枝裕和 出演:リリー・フランキー/安藤サクラ/松岡茉優/池松壮亮/城桧吏/佐々木みゆ/高良健吾/池脇千鶴 / 樹木希林 (C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

数回に渡ってお届けする本インタビュー。登場する作品は日本映画(公開日順)では『ドラえもん のび太の宝島』『名探偵コナン ゼロの執行人』『万引き家族』『カメラを止めるな!』『未来のミライ』『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『若おかみは小学生』『来る』など。一方、外国映画では『タクシー運転手 約束は海を越えて』『判決、ふたつの希望』『1987、ある闘いの真実』『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』『search/サーチ』『ヴェノム』『ボヘミアン・ラプソディ』などを予定している。

まずは21年ぶりの快挙を成し遂げた『万引き家族』と、日本映画界始まって以来の快挙とまで言われている“あの作品”を分析してもらった。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.