FRIDAY

最前線で戦火を交える 激レア! 戦車&戦闘機&攻撃ヘリ

無人爆撃機からレジェンド兵器、中東で大活躍する"IS自作装甲車"まで

イラク、シリアなど数多くの紛争地を渡り歩き、アフガニスタンでは米軍とタリバン双方に取材した当代随一の報道カメラマンが厳選する珠玉の写真をご覧あれ!

報道カメラマン/横田徹監修

戦場で使用されるホンモノの兵器

戦車

最前線で戦火を交える 激レア! 戦車&戦闘機&攻撃ヘリ
すべての写真(全16枚)

①メルカバMk.3D

メルカバシリーズは「乗員の生存を第一に考える」という設計思想があるため、装甲が厚く重い

 ’01年のアメリカ同時多発テロ以降、戦地は中央アジア、中東、北アフリカを中心に拡大。それに伴い兵器は飛躍的に進歩した。そんな戦地の最前線で、報道カメラマンとして様々な兵器を撮影してきた。

 現代の戦争において最も戦車を有効活用しているのはイスラエル国防軍だろう。パレスチナ自治区・ガザのイスラム原理主義組織・ハマスに対しての攻撃や、’06年のレバノン侵攻時には、イスラエル製のメルカバMk.2〜Mk.4(①)が活躍した。イスラエルの国土の大半を占める砂漠地帯に強いのが特徴だ。

+13
すべての写真(全16枚)
+11
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.