FRIDAY(フライデー)

「がん免疫療法」にすべてをかける 妻をがんで喪った名医の結論

新宿ビオセラクリニック・谷川啓司院長

「がん免疫療法」にすべてをかける 妻をがんで喪った名医の結論
すべての写真(全8枚)

ベッドで成分採血を行う患者の傍らに座り、雑談を交えながら患者家族の疑問に答える谷川啓司医師

「ウチへ来る患者さんは、半分以上が進行がんで、かなり差し迫っている状況にあります。ですが、進行がんも『ステージⅣ』も、そのまま"死"を意味するものではありません。患者さんは『がん=死』という思い込みと恐怖心が強いことで、誤解をされていることが少なくないんです。そこを理解してもらうと、心に少し余裕ができて、治療の選択も変わってくるはずなんです」

 そう語るのは、「ビオセラクリニック」院長・谷川啓司(けいし)医師(54)だ。

+5
すべての写真(全8枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.