FRIDAY

ドラマ『落語心中』で話題の岡田将生は「声を使う仕事」が成功の鍵

無料

占いコラム「旬なあの人、噂の二人 勝手に占っちゃいました♡」&今週の運勢(11月19日~11月25日)

気鋭の占い師・杉浦エイト氏が、いま話題の人たちの相性や運勢を勝手に読み解く占い企画。今回占うのは、若手実力派俳優として活躍、現在NHKドラマ「昭和元禄落語心中」でミステリアスな落語家役を演じて話題のこの方。

杉浦エイト氏の占いの詳細はコチラ

ドラマ『落語心中』で話題の岡田将生は「声を使う仕事」が成功の鍵
すべての写真(全1枚)

岡田将生  1989年8月15日 (年齢 29歳)

岡田将生さんは「キャンドルのキング」というタイプ。メラメラ燃え上がり、燃え終わるまで誰も手が付けられない豪快な部分と、暗い部屋をぼんやり照らし、包み込んでくれるような優しさも持ち合わせています。強さと弱さ、激情的でいながらも繊細な一面も持ち合わせるタイプ。また、着いたり消えたり、ゆらゆら揺れ動くように気分にムラのある傾向も多く見られます。そのときの自分のテンションによってやりたいことが変わったり、面白そうなものを見つけたら、それに熱中して周りが見えなくなってしまうことも。しかし、それは決して悪いことではなく、自分の気分が上がることを追求していくことで、周りに対しても大きな影響を与え、自分の夢を叶えていけるんです。焚き火をしていると人々が輪になって集まるように、自然と人を惹きつける魅力を持っています。その代わり、ムードメーカーとしてワイワイ楽しく周りを盛り上げても、一人になったらガクンとテンションが落ちてしまうような面も。キャンドルが自分の身を溶かしながら燃えているように、人のお世話ばかりしてしまうと、自分自身が不完全燃焼になってしまうのです。同じタイプの有名人は竹野内豊さん、堂本剛さん、羽生結弦さんなどがいます。強さと繊細さ、少しだけ影がありミステリアスな部分を感じる人が多いのではないでしょうか。

特に、エンターテイメントにはすごく向いていて、現在NHKドラマ『昭和元禄落語心中』で落語家を演じていますが、実は姓名判断から名前を見ていくと「声を使って人気を集める」話術運の13画、さらに一生安泰で、「困った時は必ず助けがやってくる」大吉画数の15画を持っています。つまり、芸能界や人前に出る仕事は適職! これからさらに、ナレーションや司会など声を使う仕事を増やしていくと吉。また元々海外にも縁があるので、日本だけじゃなく海外に向けて活動を広げていくと良いでしょう。

すべての写真(全1枚)
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
2021 ©KODANSHA LTD.