FRIDAY

韓国海軍レーダー照射事件「次は弾丸が飛んで来る」

韓国の逆ギレには深刻な国内事情が

韓国海軍レーダー照射事件「次は弾丸が飛んで来る」
すべての写真(全3枚)

韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」は日本海エリアの旗艦で「ゴールキーパー」という対航空機迎撃兵器を搭載

「火器管制(FC)レーダーを照射するというのは『攻撃』のサインであり、こめかみに拳銃を突きつけているに等しい危険な行為。今回の韓国側の対応は、常識外れとしか言いようがありません」(軍事フォトジャーナリスト・菊池雅之氏)

 昨年12月20日、日本海で海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された問題で、日韓関係が史上最悪レベルの対立状態に陥っている。一歩間違えれば戦争に発展しかねない危険を冒しながら、なぜ韓国は一歩も引かないのか。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.