FRIDAY

堺屋太一「大阪万博」は見果てぬ夢? 友人に託した「遺言」

享年83歳 平成を代表する「仕掛け人」が逝った

堺屋太一「大阪万博」は見果てぬ夢? 友人に託した「遺言」
すべての写真(全2枚)

2月16・17日に行われた葬儀には、安倍晋三首相を始め、各界の大物が参列。その死を悼んだ

「タクシーに乗れば、『どないでっか? 儲かってます?』と話しかける。飲む店も居酒屋や食堂で、高い料亭にはよう行きません。経済企画庁の長官まで務めたのに、まったく偉そうなところがなく、どんな立場の人とでも同じ目線で接する気さくな人でした」

 そう語るのは、大阪・天六商店街の振興組合元理事長・吉村孝司氏。2月8日、多臓器不全のため亡くなった作家・堺屋太一氏(享年83)と、30年にわたって親交があった友人だ。

 ’70年の大阪万博に始まり、’05年の愛知万博、’10年の上海万博にも携わってきた堺屋氏は、死の直前まで、自身が誘致活動に関わった’25年の大阪万博のことを口にしていたという。

すべての写真(全2枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.