FRIDAY

「戦場の生と性」緊急座談会 安田純平×横田徹 ×山路徹×小野一光

武装集団にとっつかまってリンチ、糞尿まみれの独房、見張りに求愛されて…

シリアで拘束されていた安田純平氏が解放されたことで脚光を浴びている戦場ジャーナリスト。

彼らが戦地で見て、体験した壮絶極まるエピソードの数々を紹介する!

緊急座談会 「戦場の生と性」
すべての写真(全9枚)

横田 徹

’71年、茨城県生まれ。’97年のカンボジア内戦から報道カメラマンとして取材を開始。その後パレスチナやイラク、アフガニスタン、シリアなどの紛争地に赴く。著書に『戦争中毒』他

イラクの美人妻が
夫のいぬ間に売春

横田 まずは安田さん、よくご無事でシリアから帰国されました。

安田 ありがとうございます。

小野 一番ツラかった体験は何?

安田 幅1m、高さ1.5m、奥行き2mの狭い独房での軟禁生活ですね。部屋の両側には常に犯行グループの人間がいて、私が少しでも音を立てると見せしめに他の囚人を激しく拷問したり、電気を点滅させたり、扇風機を消して蒸し風呂にしたりするんです。音がするので寝返りもできない。そんな状況が数ヵ月も続いたため、腰を痛め椎間板ヘルニアになってしまいました……。今でも痛みがヒドい時は仰向けに寝られません。

+6
すべての写真(全9枚)
+4
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.