FRIDAY

SNSにクマの解体写真 「狩りガール」炎上議員の反論

SNSにクマの解体写真 「狩りガール」炎上議員の反論
すべての写真(全3枚)

白目をむきながら、解体された鹿肉の前で包丁を手に持つ児玉千明氏。現在、友人以外は閲覧できなくなっている

「私は、狩った獲物の前ではいつも笑顔で写真を撮ります。おいしいステーキの前で、『いただきます』と笑って写っているようなものです。ただ、写真を見て不快な思いをされた方々には、本当に申し訳なく思っています」

 こう謝罪するのは、福井県高浜町議会議員の児玉千明氏(30)だ。地元の猟友会に所属し、動物を狩猟・解体する「狩りガール」としての一面も持っている。

すべての写真(全3枚)

関連するタグ

本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.