FRIDAY(フライデー)

【最凶のヒグマ】北海道内での対策費は5億円超え 推定10頭の「OSO18ベビー」がいる!

激動!2023年はこうなる

最凶のヒグマ「OSO18」の被害が初めて確認されたのは、’19年7月のことだった。標茶(しべちゃ)町オソツベツの牧場で、体重400㎏もの乳牛が死体で発見されたのだ。以来、OSO18は4年間で31の牧場、65頭もの牛を襲ってきた。被害総額は少なくともおよそ2300万円、また対策費として5億円以上が必要とされる。

そんな中、OSO18の出現区域ではさらなる脅威が予測されている。OSOの"模倣グマ"が現れるかもしれないのである。ヒグマを専門に研究する酪農学園大学の佐藤喜和(よしかず)教授が語る。

すべての写真(全1枚)

関連するタグ

  • PHOTO標茶町

関連記事

    ランキング

      FRIDAYオフィシャルサービス

      FRIDAY グラビアグッズONLINE グラビアアイドルのオリジナルグッズが手に入ります!

      FRIDAY 公式 Twitter

      フォローして最新情報をGETしよう!

      • FRIDAY
      • FRIDAY グラビア
      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2023 ©KODANSHA LTD.