FRIDAY

令和時代のサッカー日本代表『背番号』を巡る“暗黙ルール”

無料
令和時代のサッカー日本代表『背番号』を巡る“暗黙ルール”
すべての写真(全1枚)

3月のキリンカップではエースナンバーである背番号『10』を付ける香川(19年)

令和の時代を迎えて日本サッカー界にも、新風が吹き始めた。

海外組で”新三銃士”と呼ばれる中島翔哉、南野拓実、堂安律の移籍先が注目を集めると同時に、代表の背番号問題が再び、クローズアップされそうだ。

今年3月の国際親善試合『キリンチャレンジカップ』の直前、代表の背番号『10』を巡ってスポーツ紙が大きく取り上げた。

「ロシアW杯後、森保一新監督が率いる初陣のコスタリカ戦のメンバーに若き侍・中島が選ばれた。この時、メンバー外の香川真司に代わり背番号10を託されて結果を残したことで、いよいよエースナンバーも”禅譲”されるのか、注目が集まったんです」(サッカー専門誌デスク) 

すべての写真(全1枚)
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.