FRIDAY(フライデー)

【写真家】星野道夫が遺した「極北の記憶」

〜アラスカ、シベリア〜
没後26年――いまも色褪せぬ悠久の作品たち

「空気のような写真家」星野道夫の神髄は「パーソナリティ」にあり
岩﨑 隆/日本写真家協会会員

彼の写真には、他の動物写真家にはない凄みがあります。『夕暮れの極北の河を渡るカリブー』に代表される、息をのむほど美しい写真の数々が見る人を虜にします。しかし、個人的には、動物の表情を感じられる写真が彼らしいと思っていて、好きですね。そこに星野道夫という写真家がいるということを感じさせない。まるで空気のように入り込んでいる。

+3
すべての写真(全6枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.