FRIDAY(フライデー)

「キーウ、ハルキウ、ブチャ、イルピン」 ウクライナ~戦禍の街角から

フォトルポルタージュ
故郷が激戦地になった女子大生、
空襲警報下でバーを再開したマスター、
外出禁止令を破っての深夜の音楽会、
軍支援リボンを巻いたホームレス……

ウクライナを初めて訪れたのは、まだ肌寒さが残る今年5月末だった。隣国ポーランドのワルシャワから15時間、バスに揺られ、首都キーウへ。ロシア軍が侵攻を開始して3ヵ月が過ぎ、車内は避難先から戻る人々で一杯だった。賑わいが戻りつつあった首都を拠点に、近隣のブチャとイルピンへ。6月からはさらに東へ460㎞ほど進み、ハルキウを訪ねた。激しいミサイル攻撃を受けて多くの住民が避難しており、首都に比べて人通りは半分以下だった。8月末までに100人程を取材し、その表情の険しさに驚かされた。

+5
すべての写真(全8枚)

関連するタグ

  • 撮影・文川嶋久人

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.