FRIDAY(フライデー)

「ウクライナバレエ団」 知られざる避難民の苦境

密着ルポ
6名のバレリーナが来日したが、
身元保証人のゴタゴタに巻き込まれて2名が帰国
彼女たちが夢見る「日本での公演」はいつになるのか

ピアノのメロディーに合わせ、細く、しなやかな足が素早く頭上に上がった。爪先は天井に向かって真っ直ぐ伸びている。その一つ一つの動きは滑らかで、体に染み付いているかのように自然だ。兵庫県神戸市にある施設の一室で10月半ば、ウクライナから来た避難民たちが、バレエの自主練習に励んでいた。

「こんな素晴らしいレッスン場を使えるのはありがたいです。生活面のサポートも手厚く、感謝しています。ですが身元保証人同士のゴタゴタに巻き込まれ、少し面倒なことになっています」

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • 撮影・文ノンフィクションライター・水谷竹秀

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.