FRIDAY

「ハリウッド進出」本命の小栗旬を焦らす意外な"ダークホース"

無料
「ハリウッド進出」本命の小栗旬を焦らす意外な
すべての写真(全2枚)

 小栗旬(左)の呼びかけで開催されたイケメン飲み会。成田凌(中)や千葉雄大(右)らと談笑(18年)

人気俳優の山﨑賢人が主演する映画『キングダム』が、公開日からわずか10日で観客動員100万人を突破。さらに公開後24日で興行収入40億円を超えるメガヒットを記録している。

「この作品は、紀元前中国春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る戦災孤児・信(山﨑)と中華統一を目指す若き始皇帝(吉沢亮)の戦いを壮大なスケールで描くエンターテイメント大作。同名の原作が既刊54巻で累計発行部数4000万部を超える人気漫画だけに主役の信を誰が演じるのか、当初注目を集めていました。公開前は不安視する声もありましたが、公開されるや山﨑の鬼気迫る演技に賞賛の声が寄せられています」(映画誌ライター) 

戦災孤児に生まれ、ハングリー精神の塊でもある信を演じるにあたり、山﨑は炭水化物を抜き、ブロッコリーと鳥のささみを中心とした食生活を実践した。さらに過酷なトレーニングによって10キロ減量に成功。ギラギラする目力、気迫のこもった山崎のアクションシーンは、本作の大きな見どころでもある。

「特に敵のラスボスとして登場する左慈との対決は圧巻。“現代の忍者”を自任するアクション俳優・坂口拓との格闘シーンでは、『闘っている時、賢人とじゃなく、信と闘っているなと思う瞬間があった』『賢人は信と似ていて、本当に真っ直ぐで剣に迷いがない。鍛えれば本当に半端ない』と坂口が舞台挨拶で絶賛する一幕もありました」(前出・映画誌ライター) 

すべての写真(全2枚)
本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
© 2020 Kodansha Ltd. All rights reserved.