FRIDAY(フライデー)

父の出場から38年 清原勝児「聖地甲子園での親子本塁打」の日

清原勝児 慶應高1年
「お父さんが来てくれるだけで嬉しい。他の人にはないプレッシャーをプラスに変えたい」

ショートゴロで最後の打者となったが、背番号「5」の選手は満足そうな表情をみせる。三塁側内野スタンドに座った父親は、笑顔で拍手を送った。

10月29日、埼玉県の大宮公園野球場で行われた秋季高校野球・関東大会の準決勝。慶應高(神奈川県)は専大松戸(千葉県)に3対5で敗れたものの、来春のセンバツ出場を確実にした。

+1
すべての写真(全4枚)

関連するタグ

  • PHOTO足立百合

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.