FRIDAY(フライデー)

元NHK看板アナウンサー三宅民夫 定年後も大忙しの理由とは

元NHK看板アナウンサー三宅民夫 定年後も大忙しの理由とは
すべての写真(全5枚)

NHKラジオ第1「三宅民夫のマイあさ!」(月〜金 6:40〜8:28)のため、マイクに向かう。「声だけだからこそ思いが伝わる気がします」

「NHKのIDカードを返納して、局に受け付けなしでは入れなくなったときには、寂しかった。卒業しちゃったんだなって、しみじみ思いましたね」

 おなじみの笑顔でこう話すのは、"NHKの顔"三宅民夫アナウンサー(66)だ。紅白の司会や「おはよう日本」などを担当した三宅アナは’17年に定年退職し、現在はフリー。とはいえ、現在でも定年したことを感じさせないほどの活躍ぶりで、この春からは"冠番組"まで始まった。故郷・愛知県の民放で仕事をしたり、立命館大学で教鞭を執るなど、多忙な日々を送っている。

+2
すべての写真(全5枚)

関連するタグ

関連記事

    ランキング

      ABJ

      ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/

      本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。
      2022 ©KODANSHA LTD.